はりゆうの暗(あん)闇(あん)散歩

何が目的?どこへ向かう?夜中に犬散歩していて、ふと 思った気まぐれブログです!

(´-`).。oO タイガーホース

コンチワっす、はりゆうです。


通勤に向かう駅までの道のり、最近は明るくなってきた。春の訪れを感じます。

冬の間は室内にて就寝しているワンコ達。お外で寝れるかな?

目を背けてもダメですよ。



昨日はアレコレとサボる言い訳を考えながらウダウダしてましたが、とりあえず"ゆっくり"でいいから!と、自分を励まして外に出ました。

ラジオを聴きながら、ポクポク、、、、

そんな、ゆるジョグをしていると、「SCHOOL of LOCK 」が開校し、とーやま校長が"Spanking!"を連発させ、オラ わくわくすっぞぉ!と悟空というより、野沢雅子さんのマネ?で盛り上がりました。

テーマがバレンタインに、、、、リスナーの若者達の話しを聞きながら、慰さめたり励ましたり、面白おかしくイジったりしてました。


それで思い出したのです。

高校生の頃、机の中にチョコレートが入っていたバレンタインの日がありました。

帰ってから開けてみると、手作りのような感じでした。自分では潔癖症とまでは思っていないのですが、この手のツクリモノは少々苦手で、、、、、

しかも、ブツブツと粉のようなものが混じっているように見えたので放置していると、

普段、食事などほとんどすることもなく酒ばかり呑んでいるオヤジが「おっ!旨そうやな〜」と冷やかしながら、そのチョコレートをバリバリと食べ、ビターやから酒呑みに合うわ〜と、感想をいってました。

部活で疲れていたので気にせずその日は就寝し、翌朝もダルかったので昼から部活目的で登校しようとサボってました。


すると、家に一本の電話が・・・


今回に限って珍しく先生からか?と思いながら受話器を取ると、


女の子の声で「調子よくないの?」

と聞かれました。


学校をサボっていた後ろめたさもあり、誰だか分からなかったけど、


「ん〜、だいぶラクになってきたかな。(汗」


って、無難な感じで返答してみると、


女の子「食べたの?」



と、聞いてきました。



咄嗟に何のことを言っているのか?

分からず、返答に困って思案していると、、


女の子「チョコレート、机に入ってたでしょ」


あ!あれか!

(実は食べたのはオヤジだけで、、、どーしようって心の中で焦りながら)


「あーあれね。た、食べたよ。ビターだったね」


と感想(オヤジの)まで添えて返事すると、


女の子「それで具合悪くなったの?」


と、聞いてきました。

本当は食べてないとも言いだせず、、、、

学校を休んだのは、食べものなんて関係ないから、、とか、必死に取り繕っていると、、、


女の子「実は、私のよくない噂を広めている人がいるって聞いて、、、」


(ちょっと涙声だし、どーしたんだろ?)


女の子「それが、あなた(はりゆう)だと聞いて復讐してやろうと、唐辛子入りのチョコレートを作ったの・・・」


なっ!なに〜!!!


????????

そもそも、あなた誰???


よく、話しを聞いてみると

中学校から同じだったらしいのですが、存在を知りませんでした。

別の中学校からきたその子の部活仲間に先輩との関係を冷やかされたそうです。


落ち込み感がハンパなかったので、

とにかく、チョコレートの所為で学校を休んだ訳ではなく、身体もなんともないので安心して!って、諭して電話を切りました。



こんなに思い悩んで、あの子も辛かったんだろうなと、、


と、思ったのと


オヤジはこんなことを薄々感じて、柄にもなくチョコレートなくて食べたのか?と、、、親父の優しさを感じました。


トラウマまでではないかもしれませんが、ビターな思い出がヨミガエリしました。


そんなホロ苦いジョグの結果

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。