はりゆうの暗(あん)闇(あん)散歩

何が目的?どこへ向かう?夜中に犬散歩していて、ふと 思った気まぐれブログです!

(゚ω゚) とことん続けるチラ裏ばなし

コンチワっす、はりゆうです。



ふくらはぎを痛めて一週間ほど経ちましたが、思うような回復には至っていません(泣)。


来週エントリーしている三浦国際マラソンをどうしようか?悩みながらの散歩です。




ってことで、ちょっとも走れないので



本日も思い出の続きです、、、



神戸勤務は、今思い返しても夢だったのか?と錯覚してしまうような不思議な気持ちになることが多かったです。着任して僅かのワタクシの方が、大阪南部や奈良から通勤している古株の人より詳しいことがあったりしたのも、そのひとつです。


東京へ上京してからはどこに身を置いても常にアウェイな空気を感じていたワタクシにとって、自立した生活の中でホームを感じられた貴重な期間だったのかもしれません。




高校入学時点で提出すべき課題にようやく目途がつき、やっといろんな部を見学しに行ける!って頃、例のうしろのヤツは、まだ なあぁ、なあぁ、と懲りることなく勧誘し続けておりました。


うるせぇ~! オレは三五十五のような目の覚める背負い投げがしてぇ~んだよ!


当時、ヤンマガで連載されていた柔道部物語に感化されまくっていたワタクシ、自分ひとりで5人抜きしてやる気マンマンの鼻息の荒さでした(汗)。



ところが、兄がふいに「お前、アメフトせぇ~へんの?」などとノタマッテきました。





ん?






あれ?





中学の時は、あれだけ嫌がっていた兄弟一緒の部活動。高校では様子が違いました。

おそらく兄は、ホントに兄弟で一緒のチームにいるのは嫌だったのだと思います。しかしながら、高校入学当時180cmを超えていた上背で、100kg以上の体重となっていたワタクシは弟というフィルターを外して戦力として考えたのだと思います。


バスケットは5人で出来ますが、アメフトは最低でも11人必要であり、攻守で役割が違うため専属させるとその倍の20人以上が必要となるスポーツです。まさに、背に腹だったのでしょう(笑)。



こうなっては、ワタクシの鼻が伸びないワケがありません。



( ◠´つ◠`)



そんなにボクの力が必要かね?




( ◔ ౪ ◔)




しょうがないにゃあ・・・







ここから20年以上の付き合いになるとは想像もしておりませんでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。