はりゆうの暗(あん)闇(あん)散歩

何が目的?どこへ向かう?夜中に犬散歩していて、ふと 思った気まぐれブログです!

休日はパンと決まっています

コンチワっす、はりゆうです。



旅先で購入した このバッグ



使用目的は



コレ!


そうです。毎週、毎週と通い詰めているパン屋さん。



入れ物だけでも 美味しさが増す感じ



休日のパンパーティ最高です!






今年、最大の目標としていたFT50を無事に終えました。


FunTrails主催の大会はさすがというか、やはりワタクシにいろいろなことを教えてくれました。



これで懲りてしまっては何んだか もったいない気がしますので、経験を積んでリベンジしたい!って思えるようになりたいです。



満足いくレースメイクが出来たら、きっと昨日の経験も昇華されるんじゃないかな。と





少し前までは雨の予報すら出ていたのに、曇りどころか バリバリ晴天で見晴らしも最高でした。


白化粧した富士山がドン!と見えたとき写真を撮ろうかと思ったのですが、何人かの人が同じ考えで 立ち止まっては写真を撮って、また追い抜いていくということを繰り返しているのを見て… 何んというか、品のない行動のように思えてきて、混雑していた序盤は写真を自粛しました。



ハセツネという大会のボランティアをしていたとき、本来の実力を発揮していれば もっと速いと思っていたチームメイトが かなり遅い時間帯に まったり走ってきて、


そこで放った一言


所詮は40kmしか走ったことがないヒトが、前半をどれほど抑えたとしたも後半に持ち越せるものなんて何もなかった。



この言葉が、昨日の30km過ぎから頭の中に響き始め、しだいに思考の全てを占めていきました。




長い時間、山の中で行動していると 慣れていないからなのか?ずっと同じような景色がそうさせるのか?理由はよくわかりませが、幻覚というのか見間違えることが わりと頻繁に起こってきます。


真っ赤に紅葉した山


這うようにしか進めなくなってしまったワタクシでしたが、視界の端々に入ってくる赤茶けた色彩が あのチャックに見守られているような気分になり、不思議と心強く感じられ… 嬉しいやら、恋しいやら、、、失敗したレースに悔しいやら、動かない足に苛立ったり


午後から風が吹いていたし、寒かったのかな?


涙が出ておりました。





まぁ、初のロングトレイル。


きっといい思い出になってくれるはず




ゴール直後の激写

拾った木をストック替わりに使用するのは禁止されておりますが、気合い注入棒に使うのはOKだと、スタッフさんに確認しました(笑)



この棒で 足を1,000回以上は引っ叩いた思います。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。