はりゆうの暗(あん)闇(あん)散歩

何が目的?どこへ向かう?夜中に犬散歩していて、ふと 思った気まぐれブログです!

冬は始まっているんですね

コンチワっす、はりゆうです。



空気の冷たさが 痛いに変わってきました



オ〜ン オ〜ン ワオ〜ン





筋肉痛と格闘しながらも なんとかスポクラから帰宅した昨日、ある方がtwitterで呟かれているのを見て思い出したのですが…


社会人の決勝戦が行われる日でした。



どうりで最近 めっきり寒くなったはずです。




ワタクシも現役時代は6回出場を果たし、運良く そのうち2回 勝者側に立つことができました。


この寒い季節までグランドに立って練習できる ← このことに喜びを感じたものでした。



TVに映っている選手たちを見て、ヒリヒリと主張してくる太ももが 毛が擦り切れてまばらだった現役時代を思い出し 昨日の記事を書いた。というわけです。




で、



本日の午前中です



別のある御仁が、毛が擦り切れるなんてある?みたいな感じで


これまた twitterで呟かれているのを拝見し…



!!!




もしかして、ヒリヒリしているのは毛じゃないのか?



と、不安になり



便所に駆け込んで確認してみました。

やっぱり、毛だと思うのですが…





すみません、汚いものをお見せしました。m(_ _)m

座りっぱなしは良くない

コンチワっす、はりゆうです。



寒いっすね😵。冬将軍っていうのはいったい どんな乗り物でやってくるのでしょうか?




ワン ワン ワン





昨日 行われた Trippers CUPの模様をチームメイト達が思い思いにフェイスブックなどであげており、それをニマニマ眺めております。


レース直後に、さっきまで走っていた人がペヤングを頬張っている映像を見てニヤついてしまっていたのですが、


そんな状況を、スマホをのぞき見している電車の中の隣人には理解不能だと思います。



第4ウェーブ組のメンバー

この中の一人は、なぜか陣馬方面へ行ってしまったらしい… Σ(゚д゚lll)



レース後の打ち上げの時にはお尻がちょっと張った感じだったのですが、今朝はすこぶる快調でした。



なのに、なのに、、



終業のベルと同時に職場からダッシュ離脱を図ろうと立ち上がったら…


大腿四頭筋が鬼👹筋肉痛ぅ



コケるかと思ったわ。




意地を見せてスポクラへ行き、短パン半袖に着替えてみると… 太ももの毛が擦れまくっていて ヒリヒリ


斜面を登る際に、必死になって太ももを手で押していたのですが、どうも それで擦れたようでした。



トレミを回してみるも、まるで他人の身体で走っているかのような動き辛さ



練習で このくらいになるまで追い込めたら ホントは良いんでしょうね。




ひとりでは まったく… 1㎜も出来る気がしませんが。。。

初代チートリ杯チャンピオン

コンチワっす、はりゆうです。



LOVE❤️山⛰




本日はチームTrippers2期の最終活動日でした。一年間にわたり学んだことの集大成として、チームメンバーによるハンデ付きトレランレース 題して

が開催されました。


レースに際して出走順は


◎第1ウェーブ(先行逃げ切りチーム)

 9:30スタート

◎第2ウェーブ(ワンチャンあるよチーム)

 9:40スタート

◎第3ウェーブ(後ろに抜かれるなチーム)

 9:50スタート

◎第4ウェーブ(前を追えチーム)

 10:00スタート

→ ここ

◎第5ウェーブ(鬼チーム)

 10:10スタート


となっており、ワタクシは第4ウェーブでのスタートとなりました。



第1ウェーブがスタートしてから30分待つのはことのほかに寒かったです。



こんな感じのコースを2周します。


日影沢キャンプ場がスタート&ゴール、周回間のエイドポイントでした。




2周目に入って早々に、チームのエースメンバー(もちろん鬼チーム)に急登の登坂でブチ抜かれたので これはドンドン抜かれていくパターンか?と恐々としながらも頑張って進んでいました。



ところが、



下りに差し掛かったパートで遥か彼方に行ってしまったと思っていたエースの姿が!



瞬間的にパラついた雨で路面がグチョグチョに荒れており、ハイカーさん達も慎重に降りていました。そんなところにワタクシが追いつけたようでした。



棚場になったポイントで譲って貰うと、そこからはガンガン行けました。

(あとで聞いたのですが、エースはこのポイントで1周目に転倒したらしく 特に慎重になっていたそうです。)



思いがけず先行することとなったので、すぐ後ろにいるであろうエースの影に怯えながらも 必死で下りました。



林道に抜けた時点でエースの姿が見えませんでした。まさかエースが失速とも言える安全運転をしているなど夢にも思わず… 林道区間を必死で走り



なんと!そのままゴール


まさかの展開で優勝することができました。



グロスでは 後方スタートした鬼チームの3人に いずれも負けているので、本来なら3位にすら入っていないのですが、、、




打ち上げでは随分といじってもらいましたσ(^_^;)




家庭の事情などで3期目に継続しないメンバーもいますが、チームメイトだったという事実は一生モノです。

そんな素晴らしいチームの一員となれたことに誇らしく思いながら高尾山をあとにしました。



来年もまたガンバるぞ!っと