はりゆうの暗(あん)闇(あん)散歩

何が目的?どこへ向かう?夜中に犬散歩していて、ふと 思った気まぐれブログです!

(`_´)ゞ 自宅警備も今日まで、、、かな?

コンチワっす、はりゆうです。



昨日の夕方散歩でも公園の池に張った氷がけっこうな強度を保っていました。

チャックと調査中w



今朝、娘達を駅まで送って行って納得。外気温は驚愕のマイナス二桁

:(;゙゚'ω゚'):





雛が殻を破って最初に見たモノを親だと認識するっていうやつがあるじゃないですか、それに似たようなのが人間にもあると思うんです。

一番最初に上司になった人の教えって、そのあとに上司となった人より心の影響力が大きいってことありませんか?

これって、学校っていう守られた世界から就職して初めて社会に出た瞬間、それまでの限られた空間で生きていて出来上がった価値観や基準が、まさに生まれ変わる(再教育される)からなのでは って思うのです。


ワタクシは最初の上司によく 自分のモノサシが必ずしも他人に当てはまると思うな と幾度となく教えられたのですが、この教えが今でも自分の中で根幹になっていると思います。



で、その時の上司が言うには


結婚生活において円満な家庭を築くことができるようになるには、男の稼ぎなど小さな問題で、女性側がどういう立ち位置になるか?が重要なのだと。

なので、嫁さんと呼んでいては 家にいる女=家政婦さん みたいな心持ちになってしまう、ましてや 奥さん となど奥に追いやるような呼び方には疑問を感じる。っていうのが、その上司の持論でした。


そんな上司は、子を出産した時点で女性は神になっているという想いを込めて カミさん だと呼んでいると言ってました。


この影響ですね、


女将さんでも、お上さんでもない、神さんっていうのが何故だかスッキリと落ちて、他人様に配偶者を表わす呼称としては カミさん を採用しております。





その カミさん と明日はお泊りデート❤️の予定です。




館山若潮マラソンでの前泊ですけどね(汗)。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。