はりゆうの暗(あん)闇(あん)散歩

何が目的?どこへ向かう?夜中に犬散歩していて、ふと 思った気まぐれブログです!

(*_*) 算数したら頭から湯気がでた

コンチワっす、はりゆうです。



本日は夕方から高尾山へナイトランに出かけるので体力温存ですw




GWにイベント参加しまくった恩恵?で閲覧数がバブってましたが、1週間経ちさすがに落ち着いてきた週末、、、


おそらく、これを読んでいるのはそれなりのマニア?な方だと思います。


あ、もちろん 良い意味で!ですよ。




なので、ジョグカテで まったく需要はないと思いますが、一部のマニアがいるのかな?っていう話題です、、、



筋肉ランナーのmotoさんがここのところいつもに増してベンチプレスにご執心のご様子。101kgを達成されるや、今度は31kgで89回を目指しているらしい。(あら?昨日の記事では98回に増えたみたい((((;゚Д゚)))))))


初回チャレンジが55回だったのが、もう65回まで更新している!Σ(゚д゚lll)




30kgというのは体重60kgの人の50%ぐらいなワケですが、RM換算表では その体重比みたいなものは考慮されていません。

でも、レップ数が増えるほど体重比が優劣に影響していくのでは?という想像を検証するために、、、


おっと!

ここまでで、何言ってるのか わからない人には申し訳ないですが、置いて行きます(汗)。



RM換算表

(MAX重量)=(使用重量)×{1+(Reps/40)}

にあてはめてみると、先日ワタクシは70kgを16回挙げれました。この数値から


70kg×(1+16回/40)となり、想定MAX重量は98kgとなりますので、101kgをクリアしたmotoさんよりは若干劣る感じです。



ワタクシの通うスポクラで設置されている錘で一番軽いのが1.25kgですので

32.5kgでトライしてみました。



70回を超えたあたりからズシッと重く感じるようにはなったものの、想像した通り ラックアップの状態で一呼吸、二呼吸 休憩すると回復できます。



で、結果ですが100回でやめました。



体重90kgあるワタクシにとって30kgは体重比30%ほどです。


あくまでも理論値上の話しではありますが、体重の割合でこんな逆転現象が起こるのです。



つまり、、、ワタクシのような重たい身体の者がマラソンを走るっていうのは、軽い人よりも何倍も負荷があるのですよ!


、、、って結論は ちょっと無理くりでしたかね?σ(^_^;)



一応ですが、ユルっとは走っています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。