はりゆうの暗(あん)闇(あん)散歩

何が目的?どこへ向かう?夜中に犬散歩していて、ふと 思った気まぐれブログです!

ハセツネCUPの舞台裏【今熊神社編】

コンチワっす、はりゆうです。



行進は一列で!


犬🐩犬🐕犬🐶








ハセツネCUP 当日の朝



ぐだぐだ言っていても、人間ほんとに眠い時には眠れるものです(笑)。


いつのまにかウトウトしていたようでしたが、5時過ぎぐらいに周りがゴソゴソ支度している音で目が覚めました。(どうやら小一時間は眠っていたようです。)



普段であれば睡眠時間としてはぜんぜん足りていないのですが、これから始まる大会に対するワクワクドキドキの高揚感から それほど眠気は感じませんでした。


ササッと寝床を片付けて、

今回のボランティアで唯一支給されるという朝食をもらいに行きました。


おにぎり3つとお味噌汁をもらうと、Trippersのチームメイトの姿を発見!声をかけて、お互いの持ち場が違うねーなどと少しお喋りし、分かれたあと部屋に戻っておにぎりを頬張りました。


6時には昨日説明を受けた講堂で準備品を持って集合する手筈です。


3人班でしたが、どうやら一番早く行動していたようでしたのでワタクシ率先して働きました。\(゜ロ\)(/ロ゜)/エッサエッサ

備品リストに記載されていたテントがなかったりと、ちょっとした問題もあったのですが代表の人と話してうまく揃えることが出来ました。


で、準備万端!集合場所で待っていると……リーダーが来ない。



まぁ、そうはいっても持ち場は決まっている訳だし、放っておいても いい大人なんだから勝手に来るだろう、と思い、もう一人の班員さんに「さきに行きましょうか?」と次の行動へ促しました。


すると、この班員さん「いや、集合はココと決めていたんで探してきます!」と

どうやら決められたことはキチっとしないと気が済まないタイプのようでした。

(ルーズなリーダーと生真面目な班員さん…この組合せがよくなかったな)


班員さんが探し回っていると、先ほどテントの件で話した代表さんを見かけ、そういえば我が班のリーダーと代表さんが仲良さげだったことを思い出し、連絡してもらいましたらあっさり所在を掴めました。


班員さんに、リーダーを補足したことを伝えると



班員さんがリーダーに厳しく詰め寄る(`□´)コラッ(;`O´)oコラー

※班員40ソコソコ、リーダー還暦over、、、若者に叱られる老人の図(汗)


正論吐くヒト苦手です

(・ε・)フ゜ッフ゜クフ゜ー





気を取り直して、、、


まずは朝からの行動を確認しようと貼りだされていたタイムスケジュールを確認するのですが、字が小さくて見え辛い(泣)。ローガンがはじまったかな??


ゆうに還暦を超えたと思われる先輩方は見えねー見えねーとブゥブゥ文句を言ってました。



スマホで撮って拡大すれば簡単に見えました。分明の利器ってスゴイ!



出走されるランナーさん達が、駅から会場まで迷わないように誘導する係です。


よく見ると、「旧」って書いてある

(・_・)......ん?


旧ってことは今は何???



そんな疑問を抱えつつも、とりあえず出発。




したものの




やっぱり、持ち場が分からない…(汗)



そこに、道路端で電気工事している地元のオジサンに聞いてみると、、、

「あの先に見える黒い建物にまえはコンビニがあったけど潰れた」と教えてくれました。



助かった!と思い、そこまで行ってみようと提案するのですが、、、



生真面目な班員さんは、前後のスクールIE前が7:15で西武信金前が7:30ということに喰い付き、、、7:20の我々はその間じゃないとオカシイと、工事のオジサンが教えてくれた黒い建物方へ行こうとしない。( ´Α`)ウセ゛ー


リーダーに無線で本部へ確認しろと詰め寄るぅ。



リーダー、何を聞けないいのか?イマイチ分かってないない感じで無線のやり取りに手間取るも、、、根気強く聞いていると、やはりあの黒い建物がそうらしい。



じゃ~、あそこ行きましょう!ってサラッと言う生真面目な班員。(さん付けするのもイヤになってきた)




それでも、この日がイヨイヨやってきた!!って感じがフンフン伝わってくるランナーさんに、オハヨーございます!ガンバってくださーい!って声を掛けているだけで、こちらも自然とテンションがあがって行きました!


ん~!!


良い緊張感がこの街を支配している!そんな感じです。



みなさんこの日に賭けてきたんだなぁ~って身が引き締まりました。(もちろん体重は減りませんが)




ピンクのスタッフジャンパーを着ているとなかなか気づかれないようで、知った顔を見て声をかけるとビックリされました。



が、



普通にスゥーっと通り過ぎた’おいやん’さんだけは、あまりにも不自然というか、不釣合いというか、、、こちらがビックリしてしまいました。

Tシャツとジャージのパンツで走りそうにも見えるが、手ぶらという出で立ち。





そうこうしていると時間が過ぎ、最初の持ち場である今熊神社前へ移動です。



昼食を自分で調達しなければいけないのでいなげやさんに寄りました。

(美味しそうな巻き寿司を買ったのですが忙しすぎて写真撮れず)



で、今熊神社頂上班と一緒に進むのですが、我が班のリーダーは相変わらずマイペース(汗)


足が少し不自由な感じで引きずっている風で、ゆっくり歩く分にはいっこうにかまわないのですが、途中で携帯電話に着信があり友達と思われる相手と会話がはじまり、、、動こうとしない。どうやら立ち止まって話さないと息が切れるみたいで、会話中は止まったまま。



頂上班は我々よりもさらに奥へ登って行かなくてはならないので、先に行きましょうと やや焦り出しました


が!


ここでも、例の班員が、



いや、一人行動は禁止されているから待ちましょう。







ダメですね。こんな書き方していたら、班員さんが堅物野郎にしか見えなくなってしまいそうです。実物は凄く良い人で、トレイルの経験も豊富でたくさんタメになる話をしてくれました。ただ生真面目なだけなのです。





持ち場に到着!!


ここでの給水は大会規定で禁止なので水道を使えないようにします。



時間があったので、頂上班の様子を見に登ってみました。


天気が良かったこともあり見晴らしがよく、スタート会場まで見えるイイ眺めでした。



スタート時刻が過ぎると、あっというまに選手がやってきました。



本部に報告すること


4の男子選手はスグに分かるのですが、女子選手は分かりづらい


と、思っていたのですが


想像以上に可愛らしい感じでスグにわかりました。エヘ





ここで困ったのは

奥に駐車場があって、応援される方が車でかけ付けてくれるのは良いのですが、トップ選手を先回りして応援したいお仲間さんが、後続の選手がたくさん通過しているボリュームゾーンで移動したがり車を出そうとするのです。

道幅いっぱいに広がったランナーで溢れている時間帯に自動車を通過させるのはあまりにも危険なので少し待って下さい とお願いするものの、そんな権利があるのか?道路の占有でもしているのか?などと威嚇して、意地でも車を出そうとエンジンをブオンブオン吹かせてきました。


これがなかったら、もっと応援に集中できたのに残念です。。。




今熊神社での仕事はここまで。





次は日の出山での仕事になります。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。